TOPページへ < 訪問

助産師の訪問

→助産師求人サイトランキングを見る

助産師の国家試験に合格し免許を取得すると、病院、診療所、保健所、母子保健センター、助産院などで働く事が可能になります。助産師は産科医不足による産科医の負担軽減にもつながる存在ですし、妊産婦に寄り添うケアを行なえるという事で現在非常にニーズが高まっている職業です。助産外来や院内助産といったシステムの浸透で働き方の幅も広がり、仕事内容も多岐にわたります。正常分娩の助産や保健指導、妊婦さんのケア、新生児のケア、この他にも助産師が行なう仕事にはさまざまなものがあります。

その中のひとつが助産師の訪問です。これは助産師が各家庭を訪問し、妊娠中の女性に指導をしたり、出産後の女性に指導をしたり、赤ちゃんの体重の測定や様子を見たりする事です。昔に比べご近所との付き合いも減り、出産や育児に不安を抱えていても誰にも相談出来ず一人で抱え込んでしまうお母さんもいます。そうした女性の悩みを聞いてあげ的確なアドバイスを行なってあげるのも助産師の仕事のひとつなのです。特に初産の方は右も左もわからず戸惑っている方が多いはずです。そんなお母さん達の不安を少しでも解消し、自信を持って育児に取り組んでいけるようにしてあげるのも助産師の重要な役目のひとつなんですね。

助産師の訪問で行なう事は自治体などによっても多少異なってきますが、例えば妊娠中の女性のいるお宅に訪問し、安全な妊娠と出産を迎えられるように妊娠高血圧症候群の予防や栄養管理等のアドバイスを行なったり、産後1ヶ月以内(期間は自治体により異なります)に1回、産後の健康状態のチェックや赤ちゃんの発育、母乳やミルクなどのアドバイスを行なったりもします。希望者のみに訪問しにいく自治体もあれば、産後は全ての家庭に訪問する自治体もあります。

助産師が訪問する時に大切なのは相手の事をしっかりと思いやる事です。慣れない育児で疲れ果てているお母さんなどは精神的にもナイーブになっている事が多く、訪問最中は明るく振る舞っていてもちょっとした一言で傷ついてしまったりする事があります。妊娠中の女性も同様です。例え注意しなければいけない点があったとしても言い方には十分気をつけて、相手が委縮してしまわないようにしましょう。リラックスした状態で女性の本当の悩みや不安を聞き出し、問題解決に努めていくのがプロフェッショナルな助産師です。助産師の訪問では相手とのコミュニケーションも大切にして下さい。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!