TOPページへ < 転職方法

少子に逆流の高い需要

→助産師求人サイトランキングを見る

高度に発達した社会では、人間関係や健康、生理などに関しても洗練された見方に変化していきます。

かつて「産婆さん」と呼ばれ、「お産」に立ち合う専門家として認識されていた助産師ですが、人間を肉体と精神で捉え、年代による生理の変化にもきめ細かく目を向けるようになりました。現在、その専門性が注目を浴びています。

一方、わが国は急速な少子社会に向かっています。そのため産婦人科の配置人員を減少させる病院は少なくありません。極端には産婦人科を閉鎖した病院もあるということです。これには少子だけでなく、産婦人科医師の減少も原因しています。そのため、逆の流れのようですが、産婦人科を持つ病院では助産師の需要が高まる傾向になっています。また出産するユーザの立場では、出産後赤ちゃんと離されてしまう病院よりも、「同室ですごせる助産所の方が安心」という声もあり、助産所人気に拍車をかけているようです。

このような状況にある助産師の転職事情はどうなっているのでしょうか。給与や待遇に何らかの不満を持っている人は、転職サービスに登録してみませんか。転職サービスでは、全国の産婦人科や助産所の年収や待遇のデータを持っています。登録することでこれらの情報の閲覧ができます。他の病院や助産所の年収や待遇と比較することができるのです。

また、結婚・子育て・老親の介護などの事情で仕事を辞めた潜在助産師で、もう一度仕事に復帰したいと思っている人も転職サービスに登録しましょう。希望する条件にぴったりの再就職へ、転職サービスのコンサルタントがお手伝いします。

さらに、助産師の活躍の場は、病院や助産所がほとんどですが、独立開業が許可された資格でもあります。看護師資格をベースにステップアップ資格として助産師をめざしたいと思っている人は、転職サービスへの登録をお勧めします。というのは、看護師資格を持っている人は1年間の養成機関で学ぶことで助産師の受験資格を得ることができるのです。しかし、助産師コースを設置している大学は少ないため、希望者はまず大学探しから始めなくてはなりません。

転職サービスに登録することで、助産師コースを設置している大学の一覧や入試情報、学費に至るまでナビゲートしてもらえるからです。資格取得後の就職もご案内しています。以上のどの再就職や転職であっても、転職サービスに登録することで各種の貴重なサービスが無料で利用できます。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!