TOPページへ < 杉並区

杉並区の情報&助産師求人事情

都市名 東京都杉並区
杉並区の人口 549,211人(※2011年12月1日現在)
杉並区の主な病院 荻窪病院、河北総合病院、東京衛生病院、
清川病院、樺島病院など…

※杉並区内の助産師求人例(ランキング上位の転職サイト)
◆東京衛生病院:杉並区天沼3-7-13
◆荻窪病院:杉並区今川3-1-24
◆河北総合病院:杉並区阿佐谷北1-7-3
◆越川病院:杉並区西荻北2-5−3
◆荻窪病院:杉並区今川3-1-24
◆下平レディスクリニック:杉並区高円寺南1-4-12
◆小林医院:杉並区高円寺南3-37-9

杉並区内で病院、クリニック、助産院などの助産師求人をお探しの方はナースフルに登録してみてください。その土地の医療機関に精通したコンサルタントがあなたの希望に沿った求人をご紹介してくれます。「年収UPに成功した」「希望の大学病院に転職できた」など、多くの助産師が転職に成功しております。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!

助産師コラム【助産師と海外派遣】

世界で活躍する助産師にスポットライトを当て、どのような活動を行っているかを見てみましょう。今回の例は、北アフリカのスーダン、ダルフール地方にMSFの海外派遣の人員の一人として参加した、ある助産師のものです。

MSFとは国際的なNGOで、さまざまな国や職種の人が集まっている団体です。日本語では「国境なき医師団」と称され、非営利で国際的な民間の医療・人道援助団体として活動しています。医師や看護師をはじめとする約6500人の海外派遣スタッフが、世界60ヶ国に派遣されて活動しています。このMSFは世界19ヶ国に支部を持つ、国際的な組織です。

海外派遣に参加したこの助産師は、スーダンの唯一の医療施設で活動したそうです。この医療施設には、外来部門とベッド数が約60床の入院設備があり、外科、内科、小児科、栄養治療、産婦人科があったそうです。彼女は初め、母子保健部門だけを担当していたそうですが、女性のプライバシーを守るために、女性だけで運営する、15歳以上の女性を対象とした女性向けセンターの設置を行ったという体験談を語っています。

また、産婦人科では24時間待機状態を取っているそうで、この点は日本と変わらぬ体制であるようです。また、現地の地域で活躍する伝統的な助産婦に集まってもらい、週一回、ミーティングを行ったそうです。このように、助産師としての仕事の一つである、地域の健康教育や訪問診療などを、スーダンの地においても行っています。

時には、活動していた町が襲撃され、現地スタッフ2名が命を落としたという危機があったそうで、一番辛かったこととして語られています。過酷な状況の中、助産師としての職務を貫いた彼女の体験は、他の助産師にとっても、大きな刺激となることでしょう。