TOPページへ < 地位

助産師の地位

→助産師求人サイトランキングを見る

看護職における社会的・職業的地位に、実際差はあまりありません。給与体系にもそれほど差は見られません。けれども、助産師というのは、看護師免許を取得した上に、さらに勉学を積んで、取得した資格なので、一般的に助産師の方が看護師よりやや上、と見る人たちは多いようです。医療従事者という大きな区切りの中で見た場合に、助産師と医師との間に、大きな職業的な地位が存在すると言えるでしょう。

医師と助産師の地位を決定づける大きな要因と言えば、医療行為ができるかできないかにかかってきます。医療行為とは、医学的な技術、判断に基づいておこなわれる行為のことを言います。薬を投与したり切開したり、どんな薬を注射するかを決めるなどは、医療行為にあたります。医師は、自分の判断でこのような処置を全ておこなうことができます。それに、相反して、助産師は、すべての医療行為をおこなうことはできません。法律的には、助産師の仕事とは、医師がおこなう医療行為のお手伝いをすることですから、医師の判断のもと、それが、診療の補助的なものであるとみなされる行為のみをおこなうことができます。

分娩に際しては、妊婦の分娩の進行具合をチェックしたり、分娩が正常に進んだときは、赤ちゃんをとりあげることができます。ただし、病院での分娩では、勤務助産師がいても産婦人科医が赤ちゃんをとりあげることが多いようです。分娩後には、胎盤娩出の介助をおこなったり、へその緒を切ったりします。もし、万が一お産が異常な状態になってしまったとしても、薬を投与したり、帝王切開などの行為は一切することはできません。

海外においては、助産師に医療行為を任されている国もあるようです。しかし、現在の日本においては、まだまだそこまで認められていません。分娩が進行していく段階で、正常ではないと判断された場合は、産婦人科のいる病院、診療所へ搬送し対処してもらわなければなりません。

看護師との間に職業的地位はあまり見られないとは言え、お産に関して、助産師には許されている行為でも、看護師には許されていないものもあります。分娩の際、妊婦の子宮口がどれくらい開いているのかを確認し、胎児の下降をチェックする内診作業は、看護師には許されておらず、助産師のみがおこなっています。こうしたところで、助産師と看護師との間に差別化を図っているとも言われています。助産師の手が足りない時でも、分娩の進捗状況を看護師が確認できないという点で、問題があると言わざるをえない現状があります。

臍の緒を切る、心音聴取器・血圧計・骨盤計の使用など投薬や、切開などはありません。助産師だけが行うことができる医療行為すべてのことを言います。正常分娩の介助(赤ちゃんを取り上げること)臍帯の切断、胎盤娩出の介助、妊婦の分娩進行度の診断。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!