TOPページへ < パート

24時間体制のどの時間帯でもOK

→助産師求人サイトランキングを見る

助産師の仕事の中心は、「お産」に立ち会い、無事に赤ちゃんを取り上げることにあります。近年、少子減少が著しく、産婦人科を閉じた病院もあり、加えて産婦人科医師の減少と相まって、助産師本来の需要は高まりを見せています。

一方、助産師の仕事の中心は「出産」にありながら、他方では「女性の性と生理、生殖」を生涯にわたって見守るという役割もあります。この古くて新しい分野に現在、スポットが当てられていますが、パートの仕事は病院や助産所が圧倒的に多いようです。生と死が凝縮された病院では、常に24時間体制でスタッフが配置されています。助産師には看護師のような三交代勤務や二交代勤務はありませんが、「出産」は時間を選んでくれません。無事出産が終わるまでは何時であろうが立ち会います。

そのため助産師のパートの募集には、「深夜大歓迎」などのキャッチフレーズが目立ちます。深夜の人材が不足しているのは確かなようですが、パートに応募したら、強引に深夜に回されるということはありません。あくまでも本人の希望を考慮した時間帯が話し合いで決められています。

一方、助産師の資格を持ちながら、何らかの事情で現在職に就いていない「潜在助産師」は少ない数ではありません。人材不足に対応するため、募集を出すだけではなく、こうした「潜在助産師」が働きやすい環境の整備が進められています。リタイヤ期間が長くても、再研修制度を持つ病院や助産所も少なくないようです。

出産や子育てを終え、また働きたいと思いながら、ためらいがある人は、転職サービスに登録してみましょう。助産師の働く環境はどんどん変化しています。一日24時間のどの部分でも、働くことが可能になっているのです。

さらに転職サービスでは、全国の病院や助産所の新しい募集データを常に持っています。給与や待遇の比較も可能です。「学齢期の子供がいるので夕方5時には帰宅しておきたい」、「老親のデイサービスの間だけ働きたい」などなど。具体的な要望があれば、それを反映した職場の紹介が可能になっています。

そのためには、まず「転職サービス」に登録をお勧めします。登録料は無料です。さらにその後の就職相談料なども一切かかりません。転職サービスでは、助産師ワークのプロが、一人一人の条件にあった職場まで丁寧にナビゲートしています。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!