TOPページへ < 大阪

進取の精神で新分野に

→助産師求人サイトランキングを見る

わが国第二の都市・大阪地区は、東京と同じく24時間目覚めている都市です。なかでも命の誕生と死に関わる医療系では、各専門家たちが24時間体制で、尊厳を持って人間の生を守り死を見守っています。

24時間体制が取られているということは、とりもなおさず、24時間のうちどこを切り取っても働ける環境が作られているということです。一昔前では想像もしなかった助産師のアルバイトやパートの求人がでそろっており、自分の出産や子育てでリタイアした助産師の再就職への足がかりを拓いています。

一方、この地区の助産師会では、小・中・高の学校やPTAに対して働きかけ、「女性の性と生理」や「思春期の性」などをテーマに講演や授業に参加しています。今回の法改正を受け、職域に広がりを見せた助産師資格ですが、大阪助産師会の素早い対応は注目に値します。こうした努力や働きかけは助産師資格の正確な理解へとつながり、ひいては新しい分野への仕事へとつながることでしょう。

一方、わが国は少子傾向に拍車がかかっていますが、助産師の求人は増加傾向が大阪地区でも現れています。赤ちゃん誕生が少ないということは、病院や助産所の経営に少なからず影響を与えます。総合病院でさえ、産婦人科を縮小するなどの処置で対応していますが、基盤の小さい病院では産婦人科を閉鎖しているところもあります。

また一方では、単一家族による核家族化が進み、お産の体験者であるおばあちゃんなどのレクチャーを受けることができなくなってきました。そのため家族的な雰囲気のある助産所での出産希望者が増えているのも事実です。ただしここで気をつけたいのは、助産師の扱う出産は「正常分娩」であるということです。助産所には産婦人科医が配置されていますが、医療トラブルにつながりやすい誤解は解決しておく必要があります。

さてこのように大阪地区では多種多様な勤務体制での求人や正規スタッフの求人が多数ありますが、年収や待遇はマチマチになっています。転職サービスに登録すると、こうした待遇面での情報を閲覧することができます。また待遇だけでなく福利厚生面や人間関係に問題があり、転職を考えている人は、転職サービスに登録してみましょう。あなたが満足する職場が見つかります。転職仲介のプロが好待遇の職場へ導いてくれます。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!