TOPページへ < 沖縄

地元で養成も不足は深刻

→助産師求人サイトランキングを見る

沖縄では深刻な助産師不足に悩まされているという報告が2007年にありました。毎年、県下では、琉球大学で5名、県立看護大学で15名の助産師が巣立っています。人口に比率すると深刻な不足になるほどの少人数ではなさそうですが、定着率の悪さが不足に拍車をかけているようです。

また看護師不足も深刻で、かつて看護協会では「お助けナース」と称した看護師協力隊を企画し沖縄の看護師不足、助産師不足に協力していました。ちなみに現在ではこの制度が発展し、海外に対しては「海外支援ナース」、今回の地震などに対しては「災害支援ナース」が派遣されています。

沖縄地区の助産師の求人は、やや増加の傾向ですが、定着率の悪さが慢性不足の状態にしているようです。また立地条件、たとえば沖縄本島から離れた島に行くためには、移動手段は船になり、片道4時間かかるなど悪条件となっています。そのため助産師や看護師のみならず医師不在の事態にまで陥っており、早急な対策が望まれています。

地元2大学では、奨学金に、卒業後の地元還元期間を設けるなどの措置を講じてはいますが、その期間の労働を終えると転職する人が多いといいます、この状態に対して、転職サービスのシステムを紹介するのは気が引けますが、学習のチャンスや雇用のチャンスは、機会均等の精神をもって紹介します。

転職サービスでは、転職や就職、あるいはステップアップの方法など、さまざまに活用できる便利なシステムがあります。これらのシステムや情報は転職サービスに登録することで自由に活用できます。看護師資格は医療系各資格のベースともいえる資格です。指定の講座を1年の養成機関で受講することで、保健師や助産師の国家試験受験資格を得ることができます。(二つの資格の同時取得はできません)。

また、助産婦の資格を持っている人は、大学院への進学が可能で(修士課程と博士課程があります)、修了後は大学院や助産師大学の教授や講師の道が開かれています。

転職サービスでは、さらに学びたい人や転職・就職希望者をさまざまに応援しています。こうした医療・福祉系の資格をめざす人は、もともと福祉心に篤く、また向学心豊かな人が多いようです。ステップアップしてより有利な待遇の職場をめざす人、自分のステータスアップのために学ぶ人、目的はさまざまですが、転職サービスでは専門のコンサルタントが担当に付き、満足のいく方向へ道案内しています。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!