TOPページへ < 地域別 < 西宮市

西宮市の情報&助産師求人事情

都市名 兵庫県西宮市
西宮市の人口 484,046人(※2012年1月1日現在)
西宮市の主な病院 西宮市立中央病院、兵庫県立西宮病院、兵庫医科大学病院、
明和病院、笹生病院など…

※西宮市内の助産師求人例(ランキング上位の転職サイト)
◆西宮市立中央病院:西宮市林田町8-24
◆兵庫県立西宮病院:西宮市六湛寺町13-9
◆兵庫医科大学病院:西宮市武庫川町1-1
◆明和病院:西宮市上鳴尾町4-31
◆松岡産婦人科:西宮市松生町18-23
◆江原産婦人科医院:西宮市二見町9-17
◆石川産婦人科医院:西宮市鳴尾町4-12-24

西宮市内で病院、クリニック、助産院などの助産師求人をお探しの方はナースフルに登録してみてください。その土地の医療機関に精通したコンサルタントがあなたの希望に沿った求人をご紹介してくれます。「年収UPに成功した」「希望の大学病院に転職できた」など、多くの助産師が転職に成功しております。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!

助産師コラム【病院の産科における助産師不足】

病院の産科における助産師の役割は非常に重要であると言われています。なぜなら、産科における助産師の数が足りなく、結果、産科医の負担が増えているからです。そのため、病院での分娩可能件数に合わせて、必要な助産師数を確保する必要があるそうです。

また、産科医の負担が大きすぎる結果、既定の分娩件数をこなせないと判断した病院の産科部門が次々と閉鎖している状況の中で、産科以外の部署で働いている助産師や、出産のために一時休暇中で、子育てが一段落して復帰する意欲のある助産師などが、大勢いるといいます。そういう地域内に埋もれた、経験の豊富な助産師の有資格者達を、うまく病院の産科業務に復帰させることが、当面の行政の課題であるようです。

一方、こうして助産師の需要が増えている中、助産師専門学校などの助産師養成機関の数や、その実地研修を受け入れる医療機関の体制の充実などがあまり見込めておらず、矛盾した現状であることは事実です。分娩の実地研修例が10例必要である助産師課程についても、受け入れてくれる医療機関が少なく、大学によっては1〜2例しか行われないところもあるようです。

助産師数が少なく、病院にとって分娩件数に必要な助産師を確保する必要があるにも関わらず、なかなか新規採用がスムーズにいかないのは、次々と生まれる新米助産師の資質レベルが低いという点も大きいと言われています。なぜなら、技術レベルが低く、経験の浅い助産師を安易に多数採用してしまったら、医療事故などが起こるリスクが高まってしまうからです。良い助産師が見つからず、そのようなリスクに見舞われるくらいなら、閉鎖したほうが良いと考える医院が増えているのです。