TOPページへ < 助産院 < 募集

助産院ではどのくらい求人募集しているの?

→助産師求人サイトランキングを見る

大規模な医療機関や個人クリニックなどは、助産師の割合は看護師に比べると少ないかもしれません。もちろん「看護師の方が助産師より優れているから。」というわけではなく、全体的に助産師は看護師よりも数が少ないことと、出産を専門としているので、産婦人科以外ではあまり求人募集を目にしないというだけです。

助産師になるには、看護師国家試験に合格した後で助産師国家試験に合格しなければなりません。つまり助産師は看護師の資格も持っているので、看護師の求人募集に応募することもできるわけです。ただ、看護師業務の場合は出産や妊婦のケアだけをするわけではないので、助産師として仕事をするためには助産院に転職することがいちばんの近道です。その助産院ではほとんどの求人が助産師なので、転職エージェントを利用して求人情報を検索してみて下さい。

助産院の助産師求人状況は、多くの人材を募集しているわけではありません。助産師を求人募集している助産院は多くありますが、助産院は助産師が経営する個人施設である場合が多いので、規模の大きな総合病院や大学病院の産婦人科のように多くの求人募集をしていないわけです。そうなると1人〜2人の欠員補充のために求人情報を掲載するわけですが、募集人数が少ないだけに採用が決まってしまったという場合もあるので、リアルタイムに近い状況で募集状況を確認できる、医療機関専門の転職サイトで確認することがベストです。

「助産院の助産師は給料が少ないのでは?」と思われがちですが、それは心配ありません。助産院は規模が小さいので、勤務条件など気になる点が多いとは思いますが、給料などの収入面は住んでいる地域の他の医療機関とほぼ同じです。個人で経営しているということで私立になるわけですが、勤務条件や募集状況なども、他の個人クリニックと大きな違いはありません。入院設備の規模などによって勤務体制もそれぞれなので、自分の希望に合う助産院を探しましょう。

助産院では定期的に助産師を募集しているわけではありませんが、正社員以外にもパートや夜勤アルバイトとしての人員を募集しています。助産師は女性のみに認められた職業ですが、どうしても結婚や育児で一時的に現場を離れる人もいます。そのため助産師の募集状況も日々変わってくるので、転職エージェントに登録して気になる求人情報はチェックしてみて下さい。

※現在の待遇などに不満や不安がある方は看護師(助産師)専門の求人サイトを利用して転職することをオススメします。人気求人サイトのナースフルでは専任のキャリアアドバイザーが、あなたのご希望・条件に合った求人を提案してくれます。その他にも応募書類の送付、面接日程の調整、諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々を代行してくれるサービスもあります。費用は一切かかりませんので、ぜひ登録してみてください。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!