TOPページへ < 助産院 < 役割

助産院の位置

→助産師求人サイトランキングを見る

医療訴訟や少子高齢化の問題を受けて、産婦人科医の人手不足は以前から注目されてきました。病院では健康な妊婦もハイリスクな妊婦も、その状態に関係なく診察しなければなりません。そうなると産科医の激務はますますエスカレートする一方で、産科医を目指す医学生も減少傾向に傾いてしまいます。そこに一役買っているのが助産院で、健康に問題のない妊婦の出産を取り扱うことで、産科医の負担を減らすことができるのです。

昔から「妊娠は病気ではない。」と言われてきましたが、最近では高齢出産や不妊治療・妊婦が仕事をしていることで、さまざまな症例の出産を取り扱うようになりました。一昔前までは亡くなっていた命も、安静に入院することで無事に出産を迎えることができるようになっています。産科医の役割が増えることで、ひとりひとりに大きな負担が圧し掛かることになり、そこで妊婦の数は減少傾向にあるにも関わらず、仕事量は増え続ける現象が起きているというわけです。

もちろん妊娠の経過に問題がある場合や、家庭の事情などにより、病院で出産する人も多く存在しています。助産院は、経過が良好な妊婦の出産しか診察することができないので、「何かあったときに助産院で大丈夫かな。」と心配する人もいることは事実ですが、病院との連携を図り経過を観察しているので何の問題もありません。

病院の受け皿としてのイメージが残る助産院ですが、自宅出産や水中出産を希望する人にとっては、なくてはならない施設です。自然な形で出産する。というのが助産院の出産スタイルなので、分娩台などの処置室が存在していないところもあります。多くの患者を受け入れる病院と比べて、助産院は地域に密着したアットホームな医療機関であることが、妊婦から支持されている理由の1つでしょう。

最近の病院は、ホテルのように豪華な陣痛室や入院食を用意していますが、リスクのある妊婦の受け入れもあるので、機械的な雰囲気はどうしても拭い去ることはできません。逆に病院に医療機器や医師がいなければ不安になるでしょう。そこを考えると助産院と病院は、同じ出産を取り扱う医療機関であっても、住み分けができていると言えます。妊婦の中には、男性の医師に診察してもらうことに抵抗感を持つ人もいるので、女性である助産師が診察する助産院は、今後も増えていくのでは言われています。

※現在の待遇などに不満や不安がある方は看護師(助産師)専門の求人サイトを利用して転職することをオススメします。人気求人サイトのナースフルでは専任のキャリアアドバイザーが、あなたのご希望・条件に合った求人を提案してくれます。その他にも応募書類の送付、面接日程の調整、諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々を代行してくれるサービスもあります。費用は一切かかりませんので、ぜひ登録してみてください。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!