TOPページへ < 基本情報 < 難易度

助産師の難易度

→助産師求人サイトランキングを見る

助産師国家試験を受けるまでが大変だというのは、みなさまもご存知のことかと思います。気になる助産師国家試験の難易度ですが、実は年々下がっており、ここ最近の助産師国家試験の合格率は100%近くになっているのです。

では、具体的な受験者国家試験の合格率と合格者数をご覧下さい。
平成22年 受験者数:1901名 合格者数:1579名 合格率83.1%
平成21年 受験者数:1742名 合格者数:1741名 合格率99.9%
平成20年 受験者数:1722名 合格者数:1690名 合格率98.1%
となっているのです。

平成21年度の合格者は、ナント1名を除いた他の全員が助産師国家資格試験に合格しています。このような結果を上げているのは、助産師養成所などでの教育内容が充実してきているという事が考えられます。最近の助産師養成所の入学状況は、非常に狭き門となっており「助産師学校に入学する方が困難だ」という声も上がっているほどです。

その大きな原因として考えられるのは、助産師養成所の学校数自体がとても少ないのです。都道府県別で調べた結果を見ても、各都道府県に1〜3校程しかない場合が多く、定員数も20〜30人程度と少人数制となっています。高度な技術と確かな知識を見につけた助産師を育成するには、これぐらいの少人数制が良いという理由は納得できます。

上記の結果から確かな教育を受けたあなた(助産師)が就職しようとする際には、『医療関係専門転職サービス』を利用して、助産師の求人に関する情報を誰よりも早く入手する事をお勧め致します。転職や就職を行うにあたって、一番重要とされるのが情報の量と質がどれだけ沢山あるかで変わってきます。

たくさんの情報量があったとしても、質が悪ければ好条件・高給与だけを掲載し猫を被っている就業先に入社してしまいます。また、質の良い求人情報を持っていたとしても数が極端に少なければ、あなたの思い通りの条件や給与面・人間関係を兼ね備えた求人に出会える可能性は無いに等しいでしょう。

だから、助産師に関する情報の量と質が同時に手に入れることができるのが『医療関係専門転職サービス』なのです。『医療関係専門転職サービス』を利用することで、専門キャリアコンサルタントが事前に職場の雰囲気や人間関係・勤務体系についての調査も徹底した求人を扱っているので、あなたが求めていた求人に出会うことができるのです。

しかも、利用料は一切無料で必要事項を記入して登録すればその日から非公開の求人も観覧することが出来ます。万が一、コンサルタントから紹介される求人が気に入らなければ何度でも断ることが可能。だから、本当はこんなハズではなかった…と後悔することもありません。この就業先で一生働きたいと思える求人に出会えるでしょう。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!