TOPページへ < 基本情報 < ラダー

助産師のラダー

→助産師求人サイトランキングを見る

助産師のラダーとは、助産師の責務を遂行するための仕組みづくり、院内助産システムの推進及び助産 師卒後研修の充実に取り組むためのモノです。各院内によって助産師ラダーの仕組みは若干異なってきますが、活動目的はすべての助産師に共通な部分があるようです。『看護職の卒後臨床研修制度に助産師の新人研修』『助産師のキャリアパス及びラダー(案)を作成』

このラダー案を出すための実地方法として、新人助産師研修についてこれまでに得たリソースをもとに情報を整理し、都道府県 職能委員長会等を通して情報提供する。現在使用している助産師のラダーについて各都道府県より情報収集し、キャリアパ スに応じた助産実践のラダー(案)を作成する。

このラダーの詳細作成により、新人から参考対象年数によって必要な教育と専門知識、病棟業務や外来業務など明確化されます。明確化されたことで、新人教育からリーダーポジションへの適応性が簡単に図ることができ、従業員の意識向上も図れることで離職率を低くすることに繋がっています。よって、現在の日本が抱えている『助産師不足』の対応に繋がっているといえます。

もし、あなたがこれから病院や医院、助産院などへ就職や転職を考えているのでしたら「ラダー教育」が実施されている所が良いのではないでしょうか?助産師の方が離職してしまう一番の理由として、『人間関係へのストレス』『キャリアアップの道が明確でない』などです。どの理由も、助産師として就職してから自分のステップアップの道が明確でないことによる、『不安感』『失望感』『孤独感』です。その不安感からくる、人間関係のギクシャクが職場のイジメなどで『助産師の離職』になっているのでしょう。こんな悪循環が日本の『助産師不足』を招いている原因かもしれません。

もし、あなたが今まさに転職をしようとしている助産師であれば、この悪循環を断ち切るための方法を知りたいとは思いませんか?それは『医療関係専門転職サービス』を利用することです。

『医療関係専門転職サービス』を利用することで、専門キャリアコンサルタントが事前に職場の雰囲気や人間関係、ラダー教育の取り入れについての調査も徹底してくれますので、スムーズな転職活動を行う事ができるのです。ご自身の転職活動だけでは、こうした悪循環を見極めることは大変難しく、何度も同じことを繰り返す傾向にあります。

「もう辛い目に合いたくない」「転職ばかりで労力を使いたくない」「キャリアアップをしたい」と思っている助産師の方なら『医療関係専門転職サービス』を利用してください。この就業先で一生働きたいと思える求人に出会えるかもしれません。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!