助産師の需要

→助産師求人サイトランキングを見る

助産師の需要は、現在とても高くなっています。現在の日本は少子化で深刻な問題を抱えており、確かに子どもは減っているのですが、お産自体は絶対になくなるもので助産師の仕事が無くなることはありません。

仕事内容について少し触れておきますが、助産師の仕事は分娩を取り扱うだけではありません。乳房管理や妊産婦への指導、中高生などの性教育、育児相談や、更年期の方への相談などetc…女性の生涯全体にわたってお手伝いする場が近年では増加傾向にあります。実際、病院以外で働く助産師の方が増えているのです。

だから、就職先や仕事内容を選ばなければ就職活動で困ることは無いといえるでしょう。しかし、一方では助産師不足が深刻化をたどる一方であることをあなたはご存知でしょうか?

一般的に看護師が人手不足ということは耳にしますが、助産師不足はあまり聞かないことでしょう。助産師が人手不足になる原因のとして多いものが、『職場内の人間関係』『仕事内容に比べて給料が安い』『体力的に仕事がきつい』といったものが理由として助産師を諦めているそうです。

上記のような理由を一日でも早く改善すれば、人手不足の解消になるとは思いますが…なかなか簡単にはいかないのが現実です。したがって、助産師の需要ばかりが高まっていく傾向にあります。

では、実際に助産師が不足している原因を詳しくお伝えしておきましょう。現在、助産師の足りない病院や病棟では在籍している助産師が大きな負担をになっています。強制的に過酷労働を用いられている環境の為、就業中に居眠りが出てしまったり、体調不良の訴えをおこす助産師が増え、利用者からの苦情や評判も出ているそうです。

また、助産師が不足している病棟では、違法ではありながら看護師が助産行為をしているところもある程、助産師不足の深刻化が進んでいるのです。助産師の需要が高いのに、助産師が不足している原因として考えられるのが、『選んでいる求人情報の質』です。なぜなら、助産師が不足している病棟が急募といった形で『ありえない高待遇・好条件』『高額な給料条件』で求人募集をします。こういった病院や病棟の求人の裏には、過酷労働が隠されていたり人間関係がメチャクチャだったりします。

では、一体どうすれば良い求人に巡り会えるのでしょうか?それは助産師の求人を専門に扱っている、医療関係専門転職サービスを利用することです。医療関係専門転職サービスでは、キャリアコンサルタントが事前に職場の雰囲気を調査し、人間関係、業務内容、各種条件を一定のレベルを超えた求人のみを扱っているのです。無料で求人観覧ができ、コンサルタントがしっかりとあなたの条件をヒアリングし、あなたにあった求人をカウンセリングの中から紹介してくれます。

もし、あなたの望む条件でなければ断わることも可能です。だから、後で「違う」「転職するんじゃなかった…。」といった事にならないのです。

また医療関係専門転職サービスは、就業しながらの転職活動を簡単・安心・安全におこなってくれます。助産師の需要が高い今だからこそ、あなたにピッタリあった好条件の求人を転職サービスで見つけてください。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!