TOPページへ < 面接

助産師の面接

→助産師求人サイトランキングを見る

助産師は現在非常に多くの場で求められています。産科医不足等の問題や妊産婦の意見などが尊重され、助産師の活躍の場は徐々に広がっているのです。病院、診療所、助産所、保健センターなど、助産師を求めているという職場は多いでしょう。そんな助産師ですから、転職をするとなってもさほど困る事は無く、すぐに次の職場を見つける事が出来るかもしれません。しかしだからと言ってどんな態度でも大丈夫という訳でもありませんよ。経験や技術が高くたって人間的に問題があると見なされれば不採用になる可能性も勿論あるのです。寧ろ生命に携わる仕事だからこそ、人間性を重視する採用担当も多いかもしれませんね。採用担当が人間性を判断するのは面接がほとんどです。どの職業でも同じですが面接は非常に重要な判断材料のひとつになります。もし今後助産師としての転職を考えているのならば、面接で相手に好印象を与えられるよう振る舞うようにしましょう。では、具体的に助産師の面接ではどんな所に気をつけたら良いのか。そのあたりの事についてお話していきます。

助産師の面接で大切なのは、やはり明るい笑顔とハキハキとした喋り方です。自信無くおどおどしているような状態では面接官も不振に思ってしまいますし、あまり良くない印象を与えてしまうでしょう。面接を始める前に挨拶をし、聞かれた質問などにもしっかりハキハキと答えましょう。助産師として働いてきたという事実があるのですから、自信を持って堂々と接する事を心掛けて下さい(偉そうにするのとはまた違いますよ)。また、服装やお化粧や髪型などにも気を使いたいところですね。あまり派手な格好は悪い印象を与えかねません。勿論髪型を綺麗に整えたり、お化粧をするのは社会人としてのマナーですがやりすぎには注意をしましょう。抑え目だけどキチッとして見えるくらいが理想です。また、どんな勤務形態をするにせよ最初はなるべくスーツやワイシャツなどを着ていくようにしましょう。熱意も伝わりますし悪い印象を持つ人は絶対に居ません。かと言って、相当昔に買ったボロボロのスーツでは駄目ですよ。あくまで"清潔感"がある事が大前提です。

転職をしたいけど助産師の面接にあまり自信が無くて…という方は、助産師の転職支援サービスなどを利用するのも良いかもしれないですね。転職支援サイトによっては面接のアドバイスを細かくしてくれるところもあります。専門のアドバイザーが居てくれれば心強いと思いますよ。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!