TOPページへ < 兵庫

新分野への試みがスタート

→助産師求人サイトランキングを見る

兵庫の地区では、芦屋などの都市部と県北の地域とでは、求人情報に大きな違いがあります。大手の総合病院をバックに持っている都市部では大阪や東京並みの求人となっていますが、病院数や助産所数に比例して県北では求人は少なめといえます。

一方、大阪助産師会と時を同じくして、兵庫の助産師会でも、助産師の仕事の新しい展開に対して、取り組みが始められていました。具体的には、「女性の生涯にわたる性と生理」のうち、「更年期障害」と「思春期の性」をとりあげ、講座が開かれているのです。こうした試みは、助産師の仕事は「お産」だけではないことを雄弁に語る結果となり、なによりも一般への啓蒙になることでしょう。さらに、こうした行動は、助産師が持つ職域分野が、将来の固定した仕事の一つにつながる可能性を示唆しています。

一方、社会の動向はより高い専門性をめざして、高学歴へ移行しようとしています。すでに薬学部では6年制への移行を終え、来春には新薬剤師が社会へ巣立ちます。助産師資格にもそうした動きが見られますが、教育の現場では6年制への移行ではなくて、大学院への進学が勧められているようです。助産師の資格を持ちさらにステップアップをめざしている人は転職サービスへの登録をお勧めします。というのは、こうした行政の動向や関係団体の動きを全てキャッチするのは個人では大変だからです。

転職サービスでは、助産師の就職や転職だけでなく、資格の動向にいたるまでアンテナを張り、常に新しい情報を入手しています。これらの貴重な情報は、転職サービスに登録することで自由に閲覧ができます。

また希望すれば、助産師資格のステップアップへの近道を教授してもらえます。大学院の修士課程や博士課程では、専門科目の単位取得が定められています。助産師資格までの間に取得している単位があれば、それは全て活かされます。転職サービスでは希望するステップアップへの最短コースをナビゲートしてもらえるのです。

どの課程に進学するかにもよりますが、大学院修了後の進路には、助産師養成所の教授や講師があります。そうした就職にも転職サービスはきめ細かに対応しています。もちろん、進学だけでなく転職や就職の希望者も転職サービスに登録することで、各種のサービスを無料で受けることができます。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!