TOPページへ < 病院勤務

病院に勤務する場合はどうなるの?

→助産師求人サイトランキングを見る

助産師の職場は、助産院だけではありません。助産師が病院に勤務する場合は、総合病院でも個人クリニックでも産婦人科で働くことが一般的です。最近の人手不足に伴って、婦人科と看板を挙げているところは、産科医療を取り扱っていないこともあるので注意して下さい。また、病院勤務の場合は、助産院で実施するエコーなどの診察を医師が行うので、医師のサポートに回るケースもあります。

では、「病院勤務の助産師は何をするの?」と疑問を持つかもしれませんが、エコーでの診察以外にもやらなければならないことは多くあります。例えば妊婦の栄養指導や体重管理。血圧測定や腹囲計測。母親学級の指導や母乳指導など、これらの業務は助産師外来として取り入れられているので、病院勤務でも1つの診療科と同じような扱いになります。

また、外来ではなく病棟に配置された場合は、看護師と同じように夜勤があります。出産は時間に関係なく起こり得るものなので、医師と同様に待機していなければなりません。もちろん夜勤もシフト制になっていて、パートの場合は夜勤に就かないこともあります。どんなスタイルで働きたいかによるので、自分のワークスタイルを考えて求人を探してみて下さい。転職エージェントを利用すると、希望に沿った条件で求人を提案してもらえるので、チェックしてみると良いかもしれません。

病院勤務の場合はいろいろな働き方ができるので、小さな子供がいて夜勤ができない場合は、外来のみで転職するという方法もあります。その反対に夜勤もしっかり働きたい場合は、病棟勤務を希望すれば良いわけです。病棟で勤務する場合は、産前・産後のケアと新生児の管理がメインの業務となりますが、出産した母親に沐浴指導や授乳指導を実施したり、帝王切開手術のサポートをすることになります。

病院勤務の場合は、総合病院・大学病院・個人クリニックなどの規模によって、勤務条件や環境に違いがあります。当然のことながら総合病院や大学病院の場合は、通常の普通分娩では対応することが難しい妊婦が入院するケースが多く、不妊治療で授かった高齢出産に該当する人や、妊娠中毒症・切迫流産や切迫早産で管理入院が必要な妊婦のケアもすることになります。正常分娩のみを取り扱う助産院と比べて、さまざまなケースの出産を管理するため、自分のスキルアップを目指す場合は病院勤務が最適です。

※現在の待遇などに不満や不安がある方は看護師(助産師)専門の求人サイトを利用して転職することをオススメします。人気求人サイトのナースフルでは専任のキャリアアドバイザーが、あなたのご希望・条件に合った求人を提案してくれます。その他にも応募書類の送付、面接日程の調整、諸条件の交渉、内定辞退の連絡等々を代行してくれるサービスもあります。費用は一切かかりませんので、ぜひ登録してみてください。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!