TOPページへ < 助産院 < 病院との違い

助産院と病院はどう違うの?

→助産師求人サイトランキングを見る

助産院と病院は、お互いに出産を取り扱う業界なのに一体どこに違いがあるのか。助産院とは、助産師が経営する出産専門の施設のことです。そのため助産院に常駐しているのは助産師のみで、産婦人科の医師は存在していません。「医師がいなくても出産できるの?」と思うかもしれませんが、自然分娩の健康な出産であれば助産師のサポートだけで問題ありません。そもそもその昔は産婆さんと呼ばれる女性が仕事としていたもので、助産師は医師と同じように開業することができます。

最近は家庭的な雰囲気で出産するスタイルを希望する人も多く、自宅出産や水中出産などは助産師が取り扱っています。助産院は病院ではないので、双子や逆子などで帝王切開などの手術が必要な場合は、妊婦を設備の整った病院に転院させることになります。「じゃあ助産院は設備がないの?」と疑問を持つかもしれませんが、健康的な自然分娩に対応した施設なので、胎児の状態を確認する超音波エコーなどの設備はあります。

手術は医師のみが取り扱うことのできる医療行為なので、助産師はそれに伴う出産は取り扱うことができません。他にも血液検査や細菌検査などは、外部の検査センターなどに委託していることが多く、助産院には手術室や検査室などは存在していません。その代り病院のような機械的な設備が少ないので、陣痛室には畳が敷かれてあったり、自宅にいるようなアットホームな部屋で出産を迎えることができます。

また、助産院で出産する場合でも、嘱託医のいる病院で最低5回の妊婦健診を受ける必要があったり、出産時の異常によっては、赤ちゃんだけ転院させる場合もあります。「それなら最初から病院で出産した方が良いのでは?」と思うかもしれませんが、家族みんなで命の誕生の瞬間に立ち会うことができたり、リラックスした雰囲気で過ごせるのは助産院の最大のメリットです。

個人のクリニックでは指導しているところもありますが、助産院では大規模な病院では実施することが難しい、マタニティヨガ・ベビーマッサージ・卒乳などの育児相談もきめ細かく対応しています。助産院によっては、安産のためのお灸や離乳食教室・アロマテラピー・オーラソーマ・エステ・マッサージなど、女性のためのさまざまなイベントを主催しています。ひとりひとりの違う出産に対応するのが助産院で、母体の管理や治療に対応するのが病院です。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!