TOPページへ < 基本情報 < 助産師と保健師の違い

助産師と保健師の違い

→助産師求人サイトランキングを見る

助産師とは、その名の通り、お産に携わる人のことです。この職業は、江戸時代の頃からあり、日本の看護職の中では一番早く独立したものです。2002年に制定された「保健師助産師看護師法」では、助産師を、厚生労働大臣の免許を受けて、助産または、妊婦、新生児の保健指導を行うことを業とする女性と定義づけています。

具体的な仕事の内容は、まず、お産の介助です。へその緒を切ったり、生まれてきた赤ちゃんを取り出してあげることができます。また、妊娠中の精神的に不安定になりがちな妊婦さんの、色々な相談にのってあげ、精神面におけるサポートをします。さらに助産師は性や生殖の関する知識のスペシャリストでもありますから、不妊治療に関する相談や、育児・家庭環境に関する相談、指導も行います。

一方、保健師は、助産師とは違い、看護職の中で職業的に独立したのがいちばん遅かった職業です。「保健師助産師看護師法」では、厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて保健指導に従事する者と定義づけています。保健指導とは、地域に住んでいる全ての人を対象とし、その人たちが、家族や近隣の人たちと一緒に健康な生活を送ることができるようにサポートすることです。具体的には、健康相談を開いて健康に関する相談にのったり、病気を予防するための健康に関する教育活動をしたり、病気の早期発見のために健康診査を行ったりします。助産師とは違い、お産の介助などはできません。勤務先は役所や保健所などの行政機関や民間企業などです。

最も大きな違いは助産師は女性しか免許をとれませんが、保健師は男性でもなれるということです。

助産師や保健師になるためには、どちらも看護師国家試験に合格していなければいけません。その上で、助産師国家試験、保健師国家試験に合格して、晴れてそれぞれの免許を取得することができるのです。現在、看護系大学学生や看護学生たちには、保健師という職業がとても人気で、看護師の資格ととってしばらく看護師として働いた後に、再び勉強して保健師の資格を取る人が増えています。そして、看護師と違って、保健師の転職や離職率は割と低いようです。保健師の資格をとると、申請すればとれる新たな資格もあります。第一種衛生管理者、養護教諭、健康運動指導士、介護支援専門員、産業カウンセラーなどです。都道府県などに申請すれば、資格がもらえます。就職先にも幅が広がり、資格を活かせる場が多いでしょう。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!