TOPページへ < 保健所勤務

保健所勤務の助産師

→助産師求人サイトランキングを見る

現在仕事に従事している助産師は全国でおよそ3万人弱いますが、そのうちのほぼ100人ほどの人が、保健所で働いています。施設での分娩が主流である現在は、ほとんどの助産師が病院や診療所に勤めています。ですから、ほんの数パーセントの人が保健所に勤務しているのが現状です。保健所などの行政機関においては、公務員という安定した環境にありますので、離職率、転職率は低いようです。逆にいうと、新たに保健師の資格をとった人が、保健所などに就職するのは、少々難しいとも言えます。

保健所における助産師の仕事内容は、保健師の仕事と重複する部分も多いのですが、母子手帳の交付や、相談業務が主です。助産師は、性や生殖の関する知識のスペシャリストでありますから、主に母子に関する事が業務の主体となります。例えば、出産前のお母さんたちを対象に母親学級などを開き、マタニティストレッチの仕方や体のケア、マッサージ方法などの指導を行います。精神的にも不安定になりがちな妊婦さんの相談相手になり、メンタルな面におけるサポートもします。出産後には、お産の疲れや未知なることが多いためにうつ状態になってしまうお母さんもいます。そんなうつ状態になっていないかチェックしたり予防に努めます。初めての育児で、授乳方法やその他分らないことだらけの新米お母さんたちの相談にのり、不安を少しでも解消したりアドバイスを与えたりします。質問が電話で保健所に寄せられますので、その電話対応をします。また、実際に家庭訪問などをして、新生児の健康状態や母乳の出具合、飲み具合、体重のチェックなどをおこないます。新生児が少し大きくなってからは乳幼児に対する健診をおこない、保健師や栄養士などと一緒に相談や指導にあたります。

その他にも、思春期にあたる小・中学生女子たちを対象に、からだの変化などについての講習会などを開いて説明したり、個別相談にものったりします。妊娠できずに悩む女性の不妊に関する相談にものります。これは全国的な規模でおこなわれるよう目標設定されており、平成26年度までにすべての都道府県・指定都市・中核市に「不妊専門相談センター」を整備する予定となっています。このセンターは病院、診療所、保健所内に置かれています。医学的・技術的な面にとどまらず、家族関係にいたる心理的なサポートもおこなっています。このように、あらゆる世代の女性を対象として、女性特有の問題、悩みなどに対処しています。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!