TOPページへ < 派遣

条件を加味した雇用も可能に

→助産師求人サイトランキングを見る

高度に進んだ産業構造では、一日八時間労働の本採用だけでなく、半日勤務や早朝半日勤務、極端には1〜2時間勤務などを可能にしています。勤務体制により、派遣・パート・アルバイトの区分がありますが、境界線は明確になっていないようです。

アルバイトは基本的には単発の仕事ですが、継続して長期間にわたる場合もあります。パートは細切れの時間の労働も容認されており、正規職員の補填の意味合いが強いようです。 これらに対して派遣は、正規職員と何ら変わらない時間帯と責任が課せられている労働形態となっています。職員と大きく異なる点は、派遣社員の雇用者は派遣会社だということです。

派遣社員の雇用は、一つのプロジェクトが終了するまでの期間、技術的にも確かな「腕」を持った人材を採用し、プロジェクトなどの終了と同時に雇用関係も終了するという関係です。雇用主の立場からは、採用・退職がビジネスライクに行われる点にメリットがあったようです。かつて景気低迷期に、大量の派遣社員の雇用を更新しなかったとして、社会問題にまで発展したことがありますが、現在は派遣社員の本来の目的に戻っているようです。

助産師の派遣では、試用期間代わりの採用や、産婦人科創設のための準備期間を派遣で対応するなど、派遣社員雇用の目的が明確にされています。また、各種社会保険などの待遇も正規職員と同格でに扱われているため安心して勤務することができそうです。

気になる他の病院や助産所との比較は、転職サービスに登録すると情報を得ることができます。転職サービスでは、助産師の働く職場のデータを全国単位で入手しています。転職を希望しているが、正規雇用がよいのか、期間限定の派遣がよいのか、迷った場合は、ためらわず、転職サービスに登録し相談しましょう。身近な友人や同業者の意見では補えない規模のデータと貴重なアドバイスを得ることができます。雇用は「契約」です。正規職員は社内規定に沿った形の契約がなされますが、派遣社員の場合は、勤務者の諸条件が考慮されています。勤務時間の移動や短縮なども可能な職場が存在しています。給与や待遇、福利厚生など全てを比較し、自分に一番適した職場を選ぶことができるのです。そのためには転職サービスへの登録から始めましょう。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!