TOPページへ < 英語を活かす助産師

英語を活かす助産師

→助産師求人サイトランキングを見る

近年では助産師学校の入試の際に英語の科目も含まれています。何故なら、現場でも医療英語を使うことや国際化が進んでいることから英語力はどうしても必要だと言えるのです。

日本では助産師が不足していることに付いて触れてきましたが、海外でも正看護師と同等にとても不足している職業の一つです。その為、英語力が非常に高いと有利となのです。

また、日本国内の求人情報に頼るだけでなく海外の求人情報も視野に入れることが出来ますので不景気なご時勢の強みになります。オーストラリアとニュージーランドでは特殊技術資格として認定されており、憧れの永住権取得に近い職種だといえます。(2009年12月現在)看護留学の登録には大卒、もしくは院卒の資格が必要となりますが、日本で既に助産師の資格を保持している場合は、直接登録に申請することも可能です。※規定の英語力を満たした場合のみ、申請可能となります。

アメリカ・オーストラリアでは看護協会にて「看護師」と「助産師」の登録を担っています。ニュージーランドの場合、登録を行う先は看護協会ではありません。助産師協会という独立した機関に登録して頂く必要がありますので注意が必要です。ニュージーランドでは、協会が異なる事もあり英語力の基準がIELTS7.5以上と正看護師資格取得よりも高く設定されています。

海外圏での助産師資格取得は困難と言えますので、日本で助産師資格を取得をしてから登録するほうが良いでしょう。もし、あなたが英語力を付けてキャリアアップを目指して転職をしようとしている助産師に朗報です。それは『医療関係専門転職サービス』を利用することです。

『医療関係専門転職サービス』を利用することで、専門キャリアコンサルタントが事前に職場の雰囲気や人間関係についての調査も徹底してくれますので、スムーズな転職活動を行う事ができるのです。

また、英語力を生かしキャリアアップを図りたいを思っている方にピッタリの求人情報も『非公開求人』として豊富に取り揃えていますので、無料で登録できる価値は十分にありますよ。

「英語でキャリアアップを図りたい」「英語力をしっかり身につけながら働きたい」と思っている助産師の方なら『医療関係専門転職サービス』を利用してください。

転職活動は決して簡単なものではありませんが、『医療関係専門転職サービス』を利用することで、無駄な行動を省くことが出来ます。この就業先で一生働きたいと思える求人に出会えるかもしれませんので、是非ご利用してみてください。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!