TOPページへ < 地域別 < 旭川市

旭川市の情報&助産師求人事情

都市名 北海道旭川市
旭川市の人口 347,275人(※2010年)
旭川市の主な病院 旭川医科大学病院、市立旭川病院、旭川医療センター、
旭川赤十字病院、旭川厚生病院など…

※旭川市内の助産師求人例(ランキング上位の転職サイト)
◆旭川厚生病院:旭川市一条通24-111
◆市立旭川病院:旭川市金星町1-1-65
◆旭川赤十字病院:旭川市曙一条1-1-1
◆東光マタニティクリニック:旭川市東光十条6-2-14
◆豊岡産科婦人科:旭川市豊岡四条1-1-10
◆産科婦人科奈良クリニック:旭川市神楽五条7-1-4
◆産婦人科旭川レディスクリニック:旭川市三条通2-429-683 十字屋ビル2F

※旭川市内で病院、クリニック、助産院などの助産師求人をお探しの方はナースフルに登録してみてください。その土地の医療機関に精通したコンサルタントがあなたの希望に沿った求人をご紹介してくれます。「年収UPに成功した」「希望の大学病院に転職できた」など、多くの助産師が転職に成功しております。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!

助産師コラム【助産師による助産所開設】

助産師が助産、つまり出産の介助や、妊婦や母親、新生児の保健指導を行う場所である助産院などの助産所を開設する場合、どのような手続きを踏めば良いのでしょうか。まず、助産所を開設できるのは、助産師だけではありません。助産所を開設できるのは、助産師個人、もしくは医療法人、社会福祉法人の病院などの医療機関と規定されています。現在の日本の法律においては、助産所は営利目的、つまり利益を追求することが目的である株式会社や企業による開設は認められていません。あくまで助産所は、非営利目的の施設である必要があるのです。これは診療所や病院と同じく、医療法にて定められています。

この助産所として施設を開設する場合、施設の基準というものが医療法で定められています。換気、採光、照明、防湿、保安、避難などの面で適切さを確保していなければなりません。また、ベッドなどを施設内に設けて、入所施設として開設する場合には、その設備の使用許可が必要となります。基本的には、助産所には妊婦や産婦のベッドなどの入所施設を10個以上設けることは禁じられています。

また、このような助産所の施設の安全管理基準が、社団法人日本助産師会により制定されています。日本助産師会は助産師の職能向上を目的とした団体であり、助産師にとっても、妊婦・母子にとっても安心・安全な助産所をつくるために自主的に助産所の施設基準を設けており、それに基づいて安全な施設づくりが行われています。

また、助産所の管理は、開設した助産師本人が行うことが義務付けられています。開設者が医療法人、社会福祉法人である場合にも、管理者は助産師である必要があります。また、先ほども述べたように、助産所には医療行為を嘱託する医師を1名以上定めておくことが医療法で定められています。この医師は、助産所に勤務することが要求されているわけではなく、あくまで嘱託で良いとされています。