TOPページへ < アルバイト

「お産」以外のアルバイトも登場

→助産師求人サイトランキングを見る

助産師という国家資格を持ちながら、結婚や出産・子育てや親世代の介護などで、退職した「潜在助産師」は少なくないようです。

また、退職の原因となった子育てなどが一区切りついても、フルタイムでの勤務に入ることに対して、ためらっている人も多いことでしょう。そこでお伝えしたいのは、アルバイトやパートでの求人情報です。

助産師の仕事は「お産」がメインですが、最近クローズアップされているのが、助産師は「女性の性と生理・生殖」に関するエキスパートであるということです。正しい性や生理、生殖の知識を学齢期の生徒に教授するため、小中学校で講演や特別授業を行う助産師が増加の傾向にあるようです。また、地域のコミュニティでも助産師を招いて、性と生理や更年期をテーマに講演会と懇談会などが実施され始めています。

まだまだ絶対数は少ないようですが、こうした企画は思春期の子供の保護者にとっても貴重な存在になりそうです。こうした依頼は、病院や助産所にもたらされるのが主ですが、助産師に直接依頼される場合もあります。講演や授業がアルバイトの範疇に入るのかどうかは、今後の経過を見なければなりませんが、授業や講演が専門の新しい助産師が登場しても不思議ではありません。そうした専門化が求められる時代になっているのです。

一方、病院や助産所での具体的なアルバイトでは、助産師の資格を持っている人への求人は年々多くなっています。これは産婦人科そのものが少子化に伴って閉鎖され、産婦人科医師の少なさなども原因しているようです。産婦人科を設置している行院では、一人の妊婦に対して二人から三人の助産師が出産に立ち合うといいます。さらに、出産は時間を選びません。そのため、深夜の時間帯の助産師確保が病院では急務となっているようです。そこで何らかの事情で退職した助産師の職場復帰が望まれているのです。

転職サービスでは、こうした潜在助産師の職場復帰を応援しています。すぐフルタイムの正規助産師で働くのがためらわれる人は、1ヶ月の労働時間が短いパートやアルバイトなどから始めてみませんか。

子育てや介護などの条件を持っていても、それらを考慮した病院や助産所がたくさんあります。まずは転職サービスに登録することから始めましょう。数あるアルバイトのなかから、給与や福利厚生など満足のいく条件のアルバイト先が紹介できます。登録料は無料になっています。せっかくの国家資格を有効に活用しましょう。

助産師の転職にお薦めのエージェントはコレ!

  第1位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
申込み 詳細
  第2位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社エス・エム・エス
申込み 詳細
  第3位
サービス名 マイナビ看護師
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
申込み 詳細

※助産師の求人探しに便利な転職サイトをご紹介!詳しくはコチラ!